読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせ どうぶつの森 日記

どこかの村のブログ。 不定期更新

約1万2000人の狩人が集結した「モンスターハンターフェスタ’13」東京大会をレポート。「狩王決定戦」「親子ハンター/女子ハンター日本一決定戦」の東京地区代表も決定

2013/10/20 千葉・幕張メッセにてモンスターハンターフェスタ’13」東京大会が行われた。モンスターハンターファンの“祭典”として,もはやおなじみとなったビッグイベントだが,今回もモンスターの巨大フィギュアやアトラクションの展示などが実施されていた。

モンスターハンター4の日本一を決める「狩王決定戦」「親子ハンター日本一決定戦」「女子ハンター日本一決定戦」の東京地区決勝大会も開催。あいにくの雨模様となった

が,場内はハンター達の熱気に包まれていた。

オープニングステージではゴア・マガラ討伐に挑む

イベントの幕開けはゴア・マガラ ステージ」で行われMH4のプロデューサーを務める辻本良三,ディレクターの藤岡 要氏,プランナーの徳田優也氏,プロデューサーの小嶋慎太郎氏が登壇。今回のイベントを開催できた喜びを語った。

トークやグッズ紹介で会場をひとしきり暖めると,モンハンのイベントでは恒例の「開発者チャレンジクエスト」のコーナーへ。9月14日に発売されたばかりのMH4で,ゴア・マガラ(下位)狩猟クエストに臨んだ(制限時間は10分)。

 開発陣が実際にプレイしている“リアルデータ”による挑戦ということで,なかなかガチな雰囲気が漂うなか,クエストに失敗したら「ハチミツとクモの巣を全部売らなければならない」といったペナルティも設定され,さらに緊張感を高めていた。

クエストでは,粉塵を絶妙なタイミングで使用して仲間をサポートしたり,本作から実装された「乗り攻撃」で見せ場を作ったりと,かなり健闘を見せた。しかし,やはりゴア・マガラの壁は高かったのか,あと一歩のところでタイムオーバー。あえなくクエストは失敗に終わってしまった。 最後は約束どおり,全員がハチミツとクモの巣をすべて売却することに。その後,データセーブまで強制されるという徹底ぶりに意気消沈したものの,「MH4の魅力をお伝えできれば」とコメントを残してオープニングステージを締めくくった。

ガイストクラッシャー」のバナ隊長も登場した「モンハン最新情報」ステージ

続いては,「モンハン最新情報」のステージ。ここでは辻本氏が最新情報を発表することになっていたが,その前に珍客が登場した。突如として現れたのは,カプコンから12月5日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト「ガイストクラッシャー」のバナ隊長だ。

 多くの来場者の頭に「モンハンのイベントなのに,なぜ『ガイストクラッシャー』の攻略隊長が?」という疑問が浮かんだはずだが,そんな空気をものともせず,バナ隊長は同作の紹介を進めていく。

 そして,「ガイストクラッシャー」のゲーム内にリオレウスにそっくりのガイスト「ハンター・ガイレウス」が登場するという,MH4とのコラボレーション企画を発表した。しかし,ここでまさかの展開がバナ隊長を待ち受けていた……。

 なんと,辻本氏はこのコラボ企画が初耳とのことで「勝手に入れたらアカン!」とピシャリ。コラボ企画は,お互いが相手の作品を好きでなければならないという持論を展開し,バナ隊長のMH4のデータをチェックすることになった。するとバナ隊長のプレイ時間は31時間50分,ハンターランクは5ということで,まずは合格。

 続いて,辻本氏が「ガイストクラッシャー」をプレイすることになり,ハンター・ガイレウスとの対決に臨んだ。

 本作では,ガイストを撃破すると「クラッシュチャンス」が発生し,これに成功すると新たなガイストギアを入手できる。辻本氏は「エクストリームフォーム」でガイストに変身し,ド派手なアクションを披露したものの,残念ながらハンター・ガイレウスのガイストギアを手に入れることはできずに終了した。 ここで「ハンター・ガイレウスをクラッシュできなかったので,バナ隊長のMH4のデータをクラッシュする」という,おかしな流れに。辻本氏が自ら,バナ隊長の貴重なアイテムを次々に売却してしまった。

 このような事態はさすがに想像していなかったのか,「やめて〜!」と懇願するバナ隊長だが,その願いは届かず……。しかし,この甲斐(?)があって,最後は辻本氏もコラボ企画を了承することになり,晴れて「ガイストクラッシャー」にハンター・ガイレウスが登場することが決定した。

 

 その後,MH4や同シリーズに関するコラボやイベントなどの最新情報が発表された。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催される「モンスターハンター・ザ・リアル 2014」の日程(2014年2月1日から5月11日まで)や,オリジナルダウンロードクエストの先行配信なども明らかになっている。気になる人は関連記事をチェックしてほしい。